迷走迷走からの失敗談

足を運んで下さりありがとうございます。

今回は私の絵柄についてです。

かなり迷走していたのですが、ようやく一区切りつきましたので、自分への戒めとして記録に残すと共に、これから何かを始めようと奮い立っている人へ、私からの出来立てほやほやの失敗談をお披露目したいと思います。

目次

1 絵柄の変遷

2 どーしてこーなった

3 向き合うべきは自分自身

4 まとめ

1 絵柄の変遷

まずは私の絵柄の変遷をご覧下さい。

1つ目。じゃじゃん。

これは初期中の初期のイラストです。

ウケも何も考えて無い自分勝手なイラスト。

塗りの技術もデザイン、構図もまぁ酷い。これをドヤ顔で世に出す自分も酷い。

それでも訴えかけるものはあったらしく、反応が良かったです。

2つ目はこちら。じゃじゃん。

はい迷った。

完全に迷子です。

塗り、構図やデザインの技術は上がってますね。うん。特にパンはお気に入りです。

可愛い。

これはこれで気に入ってたし、悪くはないのだけど

「らしさ」が無い。

2 どーしてこーなった

結論から言うと

「コンプレックスを隠したかったから」

私のイラストは、「あたたかいね」と仰って頂く事が多いのですが、オシャンティ界隈の方達には全くウケないのがコンプレックスだったのです。

オシャンティ、憧れましたね〜。認めてほしかったので、必死にウケそうなイラストを分析しました。

結果どうだったか。

全くウケませんでした。(Ω\ζ°)チーン)

これ一番カッコ悪いやつ。

そもそも論ですが、

自分に自信の無いイラストには魅力が無い

のです。

自己肯定感が低過ぎると、自分の強みが把握できないので

□ブランディングできない

□迷走する

□ビジネスチャンスを逃す

という悪循環が待ち構えています。

恐ろしい…。

3 向き合うべきは自分自身

色々と手詰まりだったので少しイラストを描く事から離れてみました。

その間コミュニティを作ったり、図解やデザインを学んでみたりして、

向き合うべきは

自分の強みを伸ばす事なんじゃないかな

ということに気が付きました。

あるあるですが基本ですね。

落ち着いた絵柄はこちらです。じゃじゃん。

うん、なかなか良い感じ。

私の強みである

□あたたかさ、優しさ

□水彩の表現力

□色彩の表現力

が活かされてる、気がする。←弱気

色々吹っ切れると迷いが無くなりました。

向き合うべきは、「オシャンティ界隈の方達」ではなく、「自分自身」だったのですね。

それでも迷走していた時期に得られた事も沢山ありました。(それについてはまたブログでアウトプットしていきたいです)

4 まとめ

向き合うべきは他人ではなく自分自身

1つ目の家族イラストが未熟ながら何故反響が良かったのか。それはきっと邪念が無かったからなのかな、と考察しています。

でも、迷走中に沢山のジャンルやトレンドを学ぶ事も出来たので、結果自分の身になっているなぁと実感しています。

これからも、迷う事はあれど、自分自身と向き合いながら前進していきたいと思います✨

最後まで読んでいただきありがとうございました✨

150回の閲覧2件のコメント